カテゴリ:Wines & NY( 23 )
Bouley: Tasting Menu
トライベッカのBouley(ブーレィ、120 West Broadway, New York)でTasting Menuを試した。
料理とワインはこういう風に合わせるのか!とペアリングの妙をお勉強。

Menuの詳細はこちら。ネタバレ注意です。
[PR]
by non-vintage | 2006-06-01 14:22 | Wines & NY
Trader Joe's Wine Store
d0044460_174547.gif遅ればせながら少し前に近所にできたTrader Joe's(14th St. bet. Park & 3rd)へ。

併設のワインショップが激安と評判なのでチェック。
んー!確かに安いワインがゴロゴロしてる。$10以下のワインが所狭しと並んでいる。この価格帯の品揃えとしては、他店に置いていないような(無名?)銘柄が多い。Traders Joe's ブランドのワインに至っては、なんと$2.99
他店と比較できるところでいっても、CoppolaのClaretが$12.99, Chardonnayが$11.99。St. SuperyのChardonnay$11.99など、他店より1ドルから2ドルくらい安いという感じ(但し、フランスワインやシャンパンは割安感はない。例えば、ヴーヴ・クリコ イエローラベルが$39.99など)。

激安ワインの味はどうかということで、試しに買ってみたのがこれ(↓)。

d0044460_12343016.jpgBear's Liar Cabernet Sauvignon $4.99!! ★★★☆☆

ん! ちゃんとカベソーの味がする(当たり前か)。若干アーシーな感じはするけど、巷の安いワインにあるような雑味はなく飲みやすい。抜栓して時間が経つと丸みも出てくる(・・・と真面目にコメントするほどの価格ではないのだけど)。
この価格でこれならばデイリーなワインとしていいじゃないすか。
ちなみに、Chardonnay($4.99!!)も買いましたが、これもグーでした。冷蔵庫に忘れたようにゴロゴロと寝かせておいて、なんかワインが飲みたいなあと思ったときにおもむろに出して、グラスにたぷたぷたぷと注いで、ガブっと飲む、そんな感じのワインです。
[PR]
by non-vintage | 2006-05-21 12:35 | Wines & NY
Renewed Astor Wines
d0044460_9475912.jpg
ちょっとだけ場所を移してリニューアルしたAstor Placeにあるワイン屋Astor Wines & Spiritsに買出しに。

駅からちょっとだけ遠くなって、店の雰囲気もなんとなく変わったけど、品揃えは増えたみたいだし、15%OFFセールは継続している様子。Nezさんやrientさんの言うとおり、この「ちょっとだけ」とか「なんとなく」という変化が足を遠のかせなければいいのだけど。
ま、このマンハッタンでは他店に負けない価格設定なので、杞憂でしょうが。

※更新してないけど、以前書いたマンハッタンのワインショップ情報、その1その2
[PR]
by non-vintage | 2006-05-10 09:46 | Wines & NY
Christmas Party 2005
クリスマス・イブ、日頃仲良くして頂いている友人家族を招いてのクリスマス・パーティを開催。
ワイン14本が乱舞しました。

d0044460_94449.jpg人数が揃うまでのウェイティング用に、①オーボンクリマのピノグリを開け、その後人数が揃ったところで、オープニング・イベントは、②コッポラのソフィアで乾杯!

d0044460_955392.jpg定跡に従い白に移行しようと思ったら赤のリクエストがあり、カリフォルニア、オレゴン、ブルゴーニュのピノ・ノワール3本飲み比べ。Fruit-drivenな③オーボンクリマ(カリフォルニア)に対して、久しぶりに飲んだ④シャサーニュ・モンラッシェは繊細で貴族の貫禄。⑤オレゴンのピノ、モンティノレは初めての経験。トロピカルな風味の裏に複雑なニュアンスを秘めてる。

d0044460_9554085.jpg続いて、赤のフルボディ3本がボンボンボンと登場。我が家のパーティの常連Bfsさんから頂いたNYの⑥ペレグリーニ(メルロー)、Aさんのお土産⑦ナパのブラックストーン(メルロー)、フランスからは⑧サンテステフのCH.ラフォンロシェ。無骨な男達の対決といった様相。舌の上で激しく戦ってました。

d0044460_9561469.jpgこれが今回のメインイベントかと思いきや、デザートワイン2本が登場。Yさんセレクトの⑨ソーテルヌ、Mさんお気に入りの⑩モスカート・ダスティ。拙宅の常備酒⑪サンデマン・ポートの応戦も適わず、前者2本が女性の人気を独占しました。
デザートワインが出たのでこの辺でお開きモードになるかと思ったら大間違い。その後も盛り上がりは冷めず、各ボトルに少しずつ残ったワイン達に、Aさんの⑫ガヴィ・ディ・ガヴィとSさんの⑬シャルドネ、セコイア・グローブが入り乱れてのバトルロイヤル。

楽しい会話、賑やかな笑いの中で、ポンポンと抜かれるコルク。午後4時に始まったパーティは深夜まで及び、あらかじめ用意したワイン10本、ゲストに持参して頂いたワイン数本のうち、合計14本が瞬く間に空っぽに。
狭い家に大勢をお呼びしてしまった上、ホストも早い時間からかなりロレツが怪しくなってました・・・数々の粗相をこの場を借りてお詫びします。―――が、個人的にはかなり楽しませてもらいました!夢か現実か覚えてないけど、ゲストが帰った後、ワインの空き瓶とともにゴロゴロと転がりながらニヤニヤと笑っている自分が・・・。

d0044460_9565421.jpgゲストの皆さん、年末の忙しい時期にお越し頂きありがとうございました!
来年も懲りずに開催しますので、是非また飲みましょ~!

今回のワインリスト
[PR]
by non-vintage | 2005-12-26 09:06 | Wines & NY
Millbrook Vineyards & Winery
爽やかな快晴の秋空の下、Mさん家族と、Stone Barnsを訪ねた後、ニューヨーク三大ワイン生産地域の一つ、Hudson River Valleyにある、Millbrook Vineyards & Wineryを訪問。
d0044460_13124826.jpg

d0044460_13135411.jpgMillbrookは、マンハッタンから車で約1.5時間ほど北上したハドソン川東岸にある有名ワイナリー。NY州のDept. of Commerce(商務省?)時代にあの“I Love NY”キャンペーンを始めた、John Dyson氏の所有。(※ロゴ入りテイスティンググラスもらえます)。

高台に広がる畑の葡萄はすでに収穫済で、葉の茶黄色が緩やかにカーブした畑一面を覆っていた。その奥にあるヴェランダ付きの白い建物でテイスティングとツアーを申し込むことができる(事前予約不要)。
d0044460_13133944.jpgテイスティングのコースは2つ。
Standard Tastingは$6で、白・赤それぞれ3種類ずつ、Dyson氏が所有するニューヨークとカリフォルニアの2つのワイナリーのワインを試飲できる。
Reserve Tastingは$15で、Dyson氏が98年に買収したカリフォルニア・高級ピノの雄、Williams Selyemのワイン4種類をテイストできる。

今回は、Standard Tastingで、以下のワインを試飲。
2003 Chardonnay (NY) $14.99 ★
2003 Chardonnay Proprietor's Special Reserve(Hudson River Region - Estate Bottled) $17.99 ★★☆
 フレンチオーク樽とアメリカンオーク樽でそれぞれ寝かしたワインを80:20の割合でブレンド。ライトボディだけど、バニラの樽香もしっかりしている。ライム、ピーチのヒント。
2003 Grand Reserve Pinot Noir (Central Coast, Cal.) $21.99 ★☆
2003 Merlot (NY) $18.99 ★
Hunt Country Red (NY) $14.99 ★★☆
 メルロー35%、カベソー34%、シラー19%、カブフラン12%のブレンド。赤ワインのチャンポンという感じだけど、絶妙なバランス。カジュアルワインとして価値あり。
2004 Gewurztraminer (Central Coast, Cal.) ★☆
 Millbrookが初めてトライしたゲヴェルツ。デザートワインとして紹介された。冷やして飲めばOKかも。


d0044460_13274962.jpg混んでいたからか係の人がどんどん次のワインに進んでしまうのが気になったけど、ベランダ付きのオープンエアな2階で、葡萄畑を眺めながらのテイスティングは楽しいかも(僕らは窓のない1階だった・・・)。
葡萄畑の脇には小川(貯水池?)があって岸辺にベンチもあるので、もう少し暖かければ、そこでワインを空けてみたかったなあ。

これで、一応、NY3大ワイン産地のうち2つに行ったことになる。残るはFinger Lakes。ここまで来たら是非行きたい。

d0044460_13141113.jpg<参考情報>
・ハドソン・バレー全般の観光情報
 Hudson Valley Tourism (Millbrookは、Dutchess Countyにある)
 Hudson Valley Guide
・ハドソン・バレーのワイナリー情報
 Uncork! New York
・ニューヨークワイン全般
 Uncork! New York
[PR]
by non-vintage | 2005-11-13 13:13 | Wines & NY
Wine Shops in New York (2)
最近見つけたマンハッタン内のワインショップ情報の追加。
*前回のリストアップはここ

Crush Wine Company
57 St. between Lexington & 3rd。白く鈍く光る飛行物体のような店内。雑誌FOOD&WINEのAmerican Wine Awards 2005で、ベストNEWワインショップに選ばれた店。シガニー・ウィーバーなどのセレブも常連とか。10ドル台から扱っているけど、若干値段設定は高め?でも、普通の店にはないレアなボトルがありそう。ちなみに、店の奥にあるThe Cubeというワインセラーには秘蔵ボトルが数多く眠っているらしい。

Bulls & Bears Winery
309 South End Avenue 212-912-0890 (World Financial Center、Building 1の西側)。
職場の近辺で見つけたワインショップ。金融街に近いこともあり、この名前。フランスなどOld Worldものが充実。でも、ムートンなどのGrand Vinが平然と棚に立てて並べてあったのにはちょっとビックリ。
*Bull(ブル)とBear(ベア)の意味については、wallst.timesさんの説明を拝借します。

Soho Wines & Spirits
W. Houston St.からW. Broadwayを南に入ったところ、まさにSohoの入り口にあるワインショップ。場所柄か?ここも若干割高の値段設定。
[PR]
by non-vintage | 2005-10-28 12:47 | Wines & NY
VINOFILE on “am New York”
地下鉄の入り口などで平日の朝に無料で配布されているam New Yorkという新聞(タブロイド紙)がある。他にmetroという新聞も配られているのだけど、記事が多いので、僕はam・・・の方が好み。(ただ、am・・・は印刷がちょっと雑。インクで指が黒くなることもしばしば。その点、metroは写真や印刷がキレイ。)

さておき、このam New Yorkの水曜日版にはVINOFILEというワインの特集記事が掲載されている。込み入った話題ではなく、葡萄の種類やら新世界ワインの紹介やら、地下鉄に乗っている間に読むにはちょうど良い長さと重さで、実はひそかに毎週楽しみにしている。ちなみに、先週は、ワイン好きをホームパーティに招待するのにどんなワインを揃えたらよいか?(予算は$50~100)という話題。その前の週は、トカイ(Tokaj)などNYで手に入るハンガリーワインの紹介だった。
同じページにはマンハッタン内のワインショップで1週間内に開催されるテイスティング・イベントのスケジュールも掲載されている。
興味があれば、NYにお越しの際に是非入手してみて下さい。


余談: この手のフリーペーパーは広告収入で成り立っているのだと思うけど、広告という点で面白いのが、この新聞を配っている人の掛け声。僕の駅だけなのかもしれないけど、僕にいつも新聞をくれるおばさんは、いつも新聞のタイトルや記事とは全く関係の無い文句を叫んでいて、よく聞いているとそれ自体が広告になっている。例えば、先日は“Nice clothes, xxxxx.com!、xxxxx.com!!”とどこかのウェブサイトのURLを連呼していた。広告主から手数料が支払われているのかどうか、そもそも、この広告手法にどの程度の宣伝効果があるのか分かりませんが、こんなことも1つの広告ビジネスなのかと感心。
[PR]
by non-vintage | 2005-09-25 00:33 | Wines & NY
15% Off Tuesdays (2)
Astor Wines & Spiritsで毎週恒例の15%オフセールですが、今週は、Japanese Sake特集でした。
僕は足を運びませんでしたが、メールでの案内には、Sneak Peakとして一部の割引商品が紹介されていました。
こういうの、英語の勉強を兼ねて、結構、真剣に読んでしまいます。

Hitori Musume "Sayaka" Saké, Junmai (Ibaragi prefecture)
Dry with notes of grapefruit, muscat and fennel. Excellent with dumplings or richer seafood fare such as salmon or scallops.
$7.99 -> $6.79/bottle

Kira Sake, Honjozo (Fukushima prefecture)
Nutty and rich on the palate. A Saké that you can heat up, too.
$19.99 -> $16.99/bottle

Harushika Daigomi Saké, Junmai (Nara prefecture)
From the Nara prefecture comes this delicately flavored Saké with character. Subtle notes of pear, green apple and white flowers. A medium-bodied saké that will sit well next to seafood fare: shellfish, crab and more.
$24.99 -> $21.24/bottle

Hanahato "Densho" Saké, Junmai Ginjo (Hiroshima prefecture)
This is a Saké for those of you craving tropical fruit-forward notes. Endless papaya and guava notes make this a dangerously easy brew. Bound to please the crowds.
$25.99 -> $22.09/bottle


それから、Sakeに関するこんな説明も。ちょっと長くなりますが・・・。
[PR]
by non-vintage | 2005-08-24 12:21 | Wines & NY
Wine Bars in New York (2)
NYのワインバーと言えば、よく行くワイン屋“Union Square Wine & Spirits”(USQ)で無料配布している
“Zagat Survey 2005 New York City's Winning Wine Lists"
にもワインバーのみならず、ワインの品揃えが良いレストランがずらりと並んでいます。

ちなみに、この無料配布“Zagat”は、USQ特別仕様らしく、Zagat Restaurant Surveyの抜粋に加えて、ワイン用の葡萄品種(Varietals)と食事とのマッチング(Pairing)を簡単に説明してあるページもあって、重宝しています。
普段、レジ横に置いてあるので、もし立ち寄られたら是非Getすることをお薦めします。
[PR]
by non-vintage | 2005-08-20 00:27 | Wines & NY
Wine Bars in New York
ザガット2005-6(The Zagat Survey's 2005-06 guide to New York City Nightlife)が、Aリストに挙げるNYCのワイン・バーは、

Bar Jamón 125 E 17th St (Gramacy)
'inoteca 98 Rivington St. (Lower East Side)
Bar Veloce 176 7th Ave. bet 20th&21st St (Chelsea)
          175 Second Ave. bet 11&12th St (East Village)
Enoteca I Trulli; 122 E. 27th St. bet Lex&Park Ave. South (Gramercy)
Le Bateau Ivre 230 E 51st St bet 2nd&3rd Ave (Mid-town)
Ara Wine Bar 24 9th Ave. bet 13&14th St (West Village)

だそうです(Decanter.com“Zagat A-lists six NY wine bars”08.05.2005)。

Bar Jamonは近所なのだけど、踏み込む勇気がなかなか出なくて、いつも通り縋るだけ。今度思い切って突入してみよう。
Ara・・・は今流行のMeet Packing Area。
[PR]
by non-vintage | 2005-08-18 02:07 | Wines & NY