<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Bodegas Borsao Borsao Red Wine 2004
Borsao Campo de Borja Red Wine 2004  $7.99 ★★★☆

d0044460_1328898.jpg少し前に飲んだスペインのBodegas BorsaoのDiffusion line。なんと8ドル=1000円以下です(店によっては6ドルくらいで売っているところもある)。しかし味は値段の2倍以上。ガルナッチャ(Garnacha)75%、テンプラニーリョ(Tempranillo)25%のブレンドで、前者のスパイシーさがピリピリ刺激した舌を、後者の丸みが柔らかく舌を包む、段階的な味わい。一口で二度楽しめます。デイリーワインにしたり、サンドイッチと一緒に外に連れ出して公園の芝生で飲むのもいいかも。この安さでこの旨さは、ネット上でも多々コメントされています。例えば、WineLoversPage。あるいは、Banzaiしている人もいます。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-30 12:50 | Tasting Notes
Glossary: Body
ボディ[Body]

身体のことではなく、ワインの風味の重いか軽いかを表す言葉。若干不正確だけど「コク」みたいなもの?。飲んだときにコクがあって重く感じるワインをフルボディ(full-bodied)、軽く感じるワインをライトボディ(light-bodied)、どっちとも言えないときにはミディアムボディ(medium-bodied)と言う。
用例として、ボルドーの赤を飲んで「フルボディなのでステーキと一緒に飲みたいね」とか。逆にワインなシチュエーションであまり聞かない例として、「ボディを打たれると意外と弱いですね」、「ナイスバディ!」など。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-29 09:58 | Glossary
F.Coppola Diamond Collection Pinot Noir 2003
Francis Coppola Diamond Collection Silver Label Pinot Noir 2003 ★★☆☆ $16.99

d0044460_14375763.jpgコッポラ“Diamond Collection”のピノ(Pinot Noir)。シルバー地に古い映画の宣伝ポスターのような字体が映えるエチケット。ワインは、ボトル裏面の解説にあるBright RubyというよりはGarnetに近い深い色。最後の方になってクローブ、セロリ、それから、カラント(Currant)の甘みが出てきたけど、抜栓してからしばらくは単調な強めの酸味とベリーの味わいが続いた、Very-Berryなボトル。WKさんが愛されるBlack Label(Cabernet Sauvignon)の方がバランス的には好みかも。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-28 08:23 | Tasting Notes
Wine Party in NY
拙宅にてワインパーティを開催。
ずらっと並んだワインは玉石混淆、チャンポンでしたが、僕としてはいろいろなワインが飲めたし、いろいろな話ができたし、楽しい会でした。
参加者の皆さんにも楽しんで頂けたことを祈ります。

今日空いたボトルは、
[PR]
by non-vintage | 2005-05-22 16:32 | Wines & NY
Star Wars: Episode III
ワインとは関係ないのですが、NYでは昨日から、いよいよ、
Star Wars: Episode III
が公開。
拙宅の近所に映画館があるので、近辺ではレイア姫やチューバッカが歩いるのを目撃できる。レイア姫はWalgreens(薬局)で買い物をしていましたが、本当にそっくりでした。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-21 00:57 | Mumble
Food Delivery
ニューヨークで、最も整っていて、最も迅速に行われるサービスの1つだと思うのが、
アジア系レストランからのデリバリー

20ブロックくらい離れていても、雨でも雪でも、文句も言わずに届けてくれる。
しかもかなりの短時間で。いつ調理したんだよっ、と突っ込みたくなるくらいの速さ。
料理も温かくて、(店にもよるけど)大抵は味も文句なし。デリバリー料金もない(チップは払うけど、これはレスランで食べても同じ)。袋や容器も意外と清潔感あり。
チャイニーズ、コリアン、ベトナミーズ、タイ、マレーシア、ジャパニーズ・・・とNYにあるアジア系レストランの種類と数は半端じゃありません。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-20 06:33 | Mumble
New Woodbridge makes a raid upon UK
Constellationが昨年末にRobert Mondaviを買収した後、Mondaviからオルネライア(Ornellaia)やルーチェ(Luce)のブランドが離れていったので、Constellationはどういう手に出るのかなと思っていたら、こんな記事がありました。

Constellation on 'attack' with Mondavi's Woodbridge(Decanter.com 5/17/2005)

Woodbrigeのワインを、'more pop in the fruit’(??)にして、もっと舌触りを丸くして(more roundness in the palate)、もっとカリフォルニアのワインらしくして、英国の£6~15の価格帯の市場に殴り込みだそうです。・・イギリス人の反応に興味があります。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-19 07:46 | Wine Biz
Kirkland Ranch Chardonnay KRV Block #13 1999
Kirkland Ranch Chardonnay KRV Block #13 1999  ★★☆ $25

ぶらりと立ち寄ったNYのワインショップ(*)で薦められて購入したNapaのシャルドネ。
サイトを見て知ったのだけど、Kirkland Ranchは、もともと建設業者だったオーナーが娘さんと一緒に大学でブドウ栽培(vitliculture)を学び、牛を飼っていた農場の一画でワインを試作したところ、意外と良いワインができて、その後も10代のお孫さん達も加わって、地道に(down-to-earth)奢らず(unpretentious)、ワイン作ってます、というなんとなくHeartwarmingなワイナリー。
ワインは、ナッツかVanillaの樽香がしっかりと付いたカリフォルニアらしい黄金色の良品。

*Warehouse Wines&Spirits
 753 Broadway (Astor PlaceからB'wayに突き当たったところ)
[PR]
by non-vintage | 2005-05-17 13:55 | Tasting Notes
Direct Interstate Shipping Bans (3)
Direct Interstate Shippingに関してはここのサイトにリンクしてある"Free the Grapes"という面白いです。各州の規制の概要と根拠条文まで分かります。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-17 09:14 | Wines & NY
Direct Interstate Shipping Bans(2) ~ US Supp Court Uncorks
先日の投稿について思ったより早く結論が出ました・・・。
連邦最高裁が、州内居住者が州外のワイナリーから直接ワインを購入することを禁止するニューヨーク州(及びミシガン州)の法律が合衆国憲法に違反するとの判断を下したらしいです(WSJ.com 05/16/2005NYTimes.com 05/16/2005)。

報道記事からポイントを整理すると以下の通り。
・裁判官の意見が5対4に分かれる僅差の判断。
・(禁酒法を廃棄させた)合衆国憲法修正21条は、州に州内の酒類販売を規制する広範な権限を与えているが、これは、州が、州内のワイナリーによる直接販売を許容しながら州外からの直接販売を禁止する(又は厳しく制限する)ことまでを許容するものではない。合衆国憲法は、州が、州外のビジネスを差別的に扱う法律を採用することを禁止している。
・従って、州内直接販売を許容する一方で州際直接輸入を禁止するNYとMIの法律は違憲。
・NY及びMIを含め合計24の州が同様の法律を採用しているが、この判断を受けてそれらの州が取りうる方向性としては、州内直接販売と同様に州際直接輸入も解禁するか、州内直接販売も州際直接輸入も両方禁止するか、のどちらか。
・これまで、州を跨いでのワインの通販や他州のワイナリーを訪れた観光客がワインを自宅に送ってもらうのは禁止されていたが、今回の判断でこれらが解禁される可能性が出てきた。

結論の当否はさておき、良いワインが安く手に入るようになれば、それはそれでウレシイことです。
それから、最近、酒類コングロマリット拡大のニュースが多い中で、今後、独立系ワイナリーがコングロマリット傘下のワイナリーに対抗する有効な術を持ち得るという意味でも、今回の判断は興味深い。
[PR]
by non-vintage | 2005-05-17 06:00 | Wines & NY