<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Brutusに訊け
d0044460_17552590.jpg
帰国してから日本のワイン事情がよく分からない。
となれば、Brutusのワイン特集を買え、と誰に言われるまでもなく、銀座の教文館へ。

で、ありました、ブルータスNo. 605「2007年 シャンパン、自然派ワインの時代へ!」。
2006年11月1日発売とちょっと古いけど、今、時代はオーガニックワインとRMのシャンパンなんだとか。
確かに、オーガニックワインを出すレストランが増えてるなあ。
で、RMね。
[PR]
by non-vintage | 2007-01-07 17:55
Stocktaking
毎年恒例の(というか2年ぶりの)ワインセラーの在庫チェック。つまり棚卸し。
今、セラーは実家に置いてあるので父親所蔵のもの(*)も混じっています(ちなみに父親の書道用の墨汁も)。
で、こんなんが眠ってます。

《スパークラー》
Marques De Monistrol Gran Reserva de la Familia Brut Nature 2001 (Cava)

《赤》
Ch. Lumiere Grand Vin 1997 (No.30841)
Ch. Mouton Rothschild 1997
Ch. Margaux 2000
Ch. Louis Latour 2001 (×2)
Chateau Sainte-Colombe 2001 マンズワイン ソラリス/信州千曲川産メルロー 2002* (マグナムボトル)

《白》
Thornbury Marlborough Sauvignon Blanc 2004*
Calera El Nino Chardonnay 2001
Sherwood House Vineyard Chardonnay 2001 (NY)*


ムートンは今年で10年。そろそろかなあ。
ソラリスはこの正月に頂いたものだけど、飲み頃なのだろうか。「世界でもっとも有名なワインコンクールのひとつ「ヴィニャリ・インターナショナル2006」で銀賞を受賞」ですと。
[PR]
by non-vintage | 2007-01-03 22:27
New Year & Family Reunion
実家に親戚総勢16名が集まり、新年会。
空いたワインはこちら。
d0044460_2335131.jpgd0044460_23353828.jpgd0044460_23355198.jpg

d0044460_23362493.jpgd0044460_23364111.jpg

G.F.Cavalier (NV) ★★☆
父がJaluxで仕入れたフランス・アルザスのヴァン・ムスー。爽やかな青リンゴっぽい軽い味わい。ユニ・ブラン100%。

Castoro Cellars Fume Blanc 2001 ★★☆
カリフォルニア、パソ・ロブレスカストロ・セラーズのフュメ・ブラン。すっきりしていてさほど甘みが押さえられていて蒲鉾などのお節にぴったり。

Louis Latour "Corton Charlemagne" 1997 ★★☆☆ 
本日のメインイベント。僕が提供したコルトン・シャルルマーニュ!いわずもがなですが、ブルゴーニュ、コート・ドゥ・ボーヌ(Cotes de Borne)の特級畑っす。
数年前に購入し2年間、セラーに放置しておいたので正直心配だった・・・案の定、若干飲み頃を過ぎてしまってアクセントが抜けてしまった感じ。それでも優雅な香り(アーモンド、バニラetc.)、酸味と深みのバランスを保っているのはさすが特急畑だろう。でもやはりもう少し早めに飲みたかった・・・無念。

Tinto Pesquera 2001 ★★★☆☆
本日の紅一点。かつてR.パーカーをして「スペインのペトリュスのようだ」と言わせしめたペスケラ。リオハよりも南西にあるリベラ・デル・ドゥエロのテンプラニーニョ100%。どっしりがっつりだけど、バランスがあり肉料理に映える。2001は飲み頃のピークを少し過ぎてしまった感があるけれども、他のビンテージで今でも3000円前後で手に入るとすれば、かなりコストパフォーマンスの高い良質ワインでしょう。

Volkacher Karthauser 1997 Weisser Burgunder Spatlese Trocken 
知人にお土産でもらった?ボトル。フォルクアッカー・カルトホイザーと読むんだろうな・・。ドイツワインは正直勉強が進んでないので備忘的に記す。分厚い卓球ラケットを逆さにしたようなボトル。辛口。薄い黄金色。

マンズワイン セミヨン氷結果しぼり 2001 ★★★☆☆ (写真なし)
デザートワインとして、父親が仕入れた氷結果セミヨンを。(断りなく出してしまったがよかったのだろうか?と今思う。ま、本人も飲んでたから良かったんだろうな。多分・・)
マンズワインのサイトによれば、「氷結果しぼりセミヨンは、葡萄を凍らせて圧搾し、通常の約2倍の糖度の果汁をしぼり醸造したものです。豊かなアロマと、とろりとした味わいの中に、しっかりした酸味が味わえる極甘口のワインです。」だそうです。かなり濃厚でした。

↓は、本日一気に平らげられてしまった、たらばクンと20杯の毛がにクンたち。合掌。

d0044460_2337880.jpgd0044460_23372228.jpg
[PR]
by non-vintage | 2007-01-02 23:37