タグ:Drink ( 2 ) タグの人気記事
Shaoxing Rice Wine
d0044460_0291189.jpgNYで一緒だったWさんSさんらと
水餃子で有名な「隋園別館」へ。
ここは僕の実家から近く、昔僕の同級生一家が働いていたこともあって、よく行っていた。
今回、どうしても「隋園の水餃子」が食べたくなって皆さんにお付き合い頂く(すんません)。

で、中華で組むべきアルコールのオーダーとしては、やっぱり
青島ビール → 紹興酒
という流れでしょう。

(忘れていたのだけど)ここで紹興酒を頼んでもいわゆる角砂糖は出てこない。砂糖下さい、と言って出てくるのは砂糖漬けした梅干。これが紹興酒のお供に最高。
右手にグラス、左手に梅干し持ってご満悦の様子のWさんを見て、僕もなんだか楽しくなってきて、結構呑みました。ていうか、みんなよく呑みました。
じゃ、また行きましょう。
[PR]
by non-vintage | 2006-11-03 23:27
PIMM'S
新しい職場の同僚が僕のためにWelcome Drinkをオーガナイズしてくれた。
仕事を早く切り上げて、オフィスの下の屋外スペースでLondonerらしい「立ち飲み」。

飲み物はPIMM'S(ピムズ)というイギリスのアルコール。

d0044460_16544265.gifピムズはNo.1からNo.6まで6種類あって、それぞれベースとなる酒が違う(有名なNo.1はジン、No.6はウォッカ)。紅茶のような色で、ミントやスパイスの味もする。製法は一般には明らかにされていないらしい。
イギリス人は、このピムズを、レモネードやソーダで割って、そこにキュウリ、レモン、オレンジ、ストロベリー、ミントなどを刻んだものをたくさん入れて飲む。パーティなんかでは、フルーツパンチみたいにピッチャーにたくさん作って、それを大ぶりのグラスに注いで飲む。
ちょっと甘いけどミントやフルーツのおかげでスッキリしてて、なかなかグ!である。思わずがぶ飲みしてしまう。みできるけど、アルコール度はそれなりに強い酒。

歓迎ということで、注がれるがままにがぶ飲みしていた僕はヘロヘロに。同僚のAがピムズはデンジャラスだから気をつけて、と言っていた意味が分かった。

このピムズ。イギリスでは夏の風物詩らしく、クリケットなどのスポーツ観戦や屋外でのパーティには必ずといって良いほどサービスされるらしい。たしかになんとなく上品で味わいのある感じはロンドンの夏にぴったりかも。某紳士服店の店先でも紙コップに入れて、麦茶のごとく、お客さん用に並べてあった。
[PR]
by non-vintage | 2006-08-05 16:56 | London