Christmas Party 2005
クリスマス・イブ、日頃仲良くして頂いている友人家族を招いてのクリスマス・パーティを開催。
ワイン14本が乱舞しました。

d0044460_94449.jpg人数が揃うまでのウェイティング用に、①オーボンクリマのピノグリを開け、その後人数が揃ったところで、オープニング・イベントは、②コッポラのソフィアで乾杯!

d0044460_955392.jpg定跡に従い白に移行しようと思ったら赤のリクエストがあり、カリフォルニア、オレゴン、ブルゴーニュのピノ・ノワール3本飲み比べ。Fruit-drivenな③オーボンクリマ(カリフォルニア)に対して、久しぶりに飲んだ④シャサーニュ・モンラッシェは繊細で貴族の貫禄。⑤オレゴンのピノ、モンティノレは初めての経験。トロピカルな風味の裏に複雑なニュアンスを秘めてる。

d0044460_9554085.jpg続いて、赤のフルボディ3本がボンボンボンと登場。我が家のパーティの常連Bfsさんから頂いたNYの⑥ペレグリーニ(メルロー)、Aさんのお土産⑦ナパのブラックストーン(メルロー)、フランスからは⑧サンテステフのCH.ラフォンロシェ。無骨な男達の対決といった様相。舌の上で激しく戦ってました。

d0044460_9561469.jpgこれが今回のメインイベントかと思いきや、デザートワイン2本が登場。Yさんセレクトの⑨ソーテルヌ、Mさんお気に入りの⑩モスカート・ダスティ。拙宅の常備酒⑪サンデマン・ポートの応戦も適わず、前者2本が女性の人気を独占しました。
デザートワインが出たのでこの辺でお開きモードになるかと思ったら大間違い。その後も盛り上がりは冷めず、各ボトルに少しずつ残ったワイン達に、Aさんの⑫ガヴィ・ディ・ガヴィとSさんの⑬シャルドネ、セコイア・グローブが入り乱れてのバトルロイヤル。

楽しい会話、賑やかな笑いの中で、ポンポンと抜かれるコルク。午後4時に始まったパーティは深夜まで及び、あらかじめ用意したワイン10本、ゲストに持参して頂いたワイン数本のうち、合計14本が瞬く間に空っぽに。
狭い家に大勢をお呼びしてしまった上、ホストも早い時間からかなりロレツが怪しくなってました・・・数々の粗相をこの場を借りてお詫びします。―――が、個人的にはかなり楽しませてもらいました!夢か現実か覚えてないけど、ゲストが帰った後、ワインの空き瓶とともにゴロゴロと転がりながらニヤニヤと笑っている自分が・・・。

d0044460_9565421.jpgゲストの皆さん、年末の忙しい時期にお越し頂きありがとうございました!
来年も懲りずに開催しますので、是非また飲みましょ~!




①Au Bon Climat Santa Barbara County 80% Pinot Gris 20% Pinot Blanc 2004
②Francis Coppola “Sofia” Blanc de Blanc 2003 (x2)
③Au Bon Climat Santa Barbara County Pinot Noir 2004
④Chassagne-Montrachet 2000 Henri Prudhon & Fils (Saint-Aubin)
⑤Montinore Estate Pinot Noir 2003 (Willamette Valley, Oregon)
⑥Pellegrini Merlot 2000 (New York)
⑦Blackstone Merlot 2003 (Napa)
⑧Chateau Lafon-Rochet 1999 (Saint-Estephe, Bordeaux)
⑨Chateau Haut-Mayne 2000 (Sauternes)
⑩Poderi Elia Moscato D’Asti
⑪Sandeman Ruby Port
⑫Picollo Gavi Di Gavi 2004 Rovereto
⑬Sequoia Grove 2003 Chardonnay (Carneros, Napa)
[PR]
by non-vintage | 2005-12-26 09:06 | Wines & NY
<< Bottles of Wine Happy Holidays! >>