Konstantin Frank Riesling Dry 2004 
ニューヨークのリースリングは美味い!という話をいろいろなところで耳にしながらも、実際に試してみるのは今回が初めて。ニューヨークに来た当初、あるワインショップの掲示板(Message Board)でお薦めのワインを尋ねてみたところ誰かが薦めてくれたのがこのボトル・・・

Konstantin Frank Riesling Dry 2004 $13 ★★☆

Dr. Konstantin FrankはFinger Lakesにある有名ワイナリーの1つ。裏ラベルによればこのKonstantinさんは米国東部の“Father of Venifera”(ヨーロッパ系葡萄の父)と呼ばれているそうな。なぜか枝豆(枝豆はニューヨークでもEdamameです)をつまみながら飲んだ。ほのかな甘味があるグレープフルーツの風味、そしてちょっと歯に滲みそうな青リンゴの酸味。セラーがわりの冷蔵庫の中で大分寝ていたので冷えすぎていたけどそれが余計にフレッシュな感じを醸し出していい感じ。でも温度が上がってくるとちょっと酸味と苦味が前面に出てきてさすがに僕も渋い顔。でもこのコストにしては上出来でしょう。ニューヨーカーに薦められただけあります。
[PR]
by non-vintage | 2005-04-30 05:14 | Tasting Notes
<< Diageo vs. Cons... How to “Toast!” >>